ISDC-Institutions

University of Luxembourg

address
  • 6, rue Richard Coudenhove-Kalergi, L-1359 Luxembourg, Luxembourg
preferredName
  • Université du Luxembourg
creates
hasResearchFocus
operates
supervises
Abstract from DBPedia
    The University of Luxembourg is the only public university in Luxembourg, founded on 13 August 2003. Prior to that, there were several higher educational institutions such as the cour universitaire or the IST that offered one or two years of academic studies. Luxembourgish students had to go abroad in order to complete their studies at a university (usually to Belgium, France, Germany, Austria, and the United Kingdom). The new university makes it possible for these students to complete their studies in their own country, as well as attract foreign academic interest to Luxembourg. The university has three campuses: * Campus Limpertsberg hosts the Faculty of Law, Economics and Finance and parts of the Faculty of Science, Technology and Communication as well as the central administration units of the University * Campus Kirchberg hosts further parts of the Faculty of Science, Technology and Communications * Campus Walferdange hosts the Faculty of Language and Literature, Humanities, Arts and Education By the finalisation of the restructured campus in Esch-Belval, south of the capital, two of the three faculties will relocate there: The Faculty of Arts, Humanities, Arts and Education Sciences will first do so in summer 2014, followed by the Faculty of Sciences, Technology and Communication in 2015 and 2016. The Faculty of Law, Economics and Finance will remain on Campus Limpertsberg. Like Luxembourg itself, the studies at the university are characterised by their multilingualism. Courses are usually held in two languages: French/English, French/German, or English/German. The Times Higher Education World University Rankings in 2016 ranked the university 178rd worldwide and 14th in a separate "under 50 [years of age]" ranking.

    ルクセンブルク大学(ルクセンブルクだいがく、仏: Université du Luxembourg)は、ルクセンブルクに存在する唯一の大学。2003年8月13日に設立された。同大学が設立される前は、Cours universitairesと呼ばれる、学部教養課程に相当するコースしかなかったため、学位を取得するためには近隣諸国(ベルギー、フランス、ドイツ、オーストリア、イギリスなど)の大学に編入する必要があった。この大学が設立されたことによって、これらの学生が自国で学位を取得できるようになった。ちなみに学部によっては修士課程、博士課程も併設されている。 ルクセンブルク自体が多言語国家であるように、ルクセンブルク大学においても多言語使用が反映されている。講義はフランス語かドイツ語、英語で行われる。分かりにくい言葉の説明や、教授・生徒間のコミュニケーションはルクセンブルク語で行なわれることもある。ルクセンブルク人、もしくはルクセンブルク育ちの移民2世の人たちは小学校とリセですでに多言語教育(独・仏・英)を受けているため、初学者向けの外国語の授業はない。(経営学部などではビジネス英語の授業があるようだが、授業構成は学部により異なり、ヨーロッパ文化学部には全く存在しない。希望者向けに英・独・仏の夜間補修講座が週に何回かあるが、それも中級者以上を対象とし、また通常のカリキュラム外になる。外国語の習得にはルクセンブルク・ランゲージ・センター(Institut National de Langues)を利用するよう勧められる。 例えば、ヨーロッパ文化学部(Bachelor académique en cultures européennes)には仏文科、独文科、英文科、哲学科、歴史学科があり、仏文学科の授業は全てフランス語で行なわれるが、哲学や歴史の学部共通授業ではフランス語クラスかドイツ語クラスのどちらかを選択できる。しかし、学位を取得するためにはフランス語で開講されるラテン語の授業と、専攻語以外の言語の文学科目(英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語)の単位も取得する必要がある。(英文科は一年次しかないためラテン語の授業は免除されるが、他の学科は最低一学期分のラテン語の単位が必要である。) ルクセンブルク大学の設立やカリキュラムを巡り、多くの議論がルクセンブルクのメディアを介して行われた。学際の概念や、人文科学の価値、大学の組織などが主な論点となった。議論は主にルクセンブルクの文化ジャーナル forum を介して行われた。ルクセンブルク人歴史学者の Michel Pauly とオーストリア人哲学者の Volker Zotz (フォルカー・シォッツ) は大学設立を取り囲む体制を批判し、人文科学の重要性を唱えた。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/University_of_Luxembourg)