Hash function

prefLabel
  • SPASE Hash Function
definition
  • A function or algorithm that converts a digital data object into a hash value. Typically the hash value is small and concise when compared to the digital data object. Allowed Values: MD5 SHA1 SHA256
hasTopConcept
Abstract from DBPedia
    A hash function is any function that can be used to map data of arbitrary size to data of fixed size. The values returned by a hash function are called hash values, hash codes, hash sums, or simply hashes. One use is a data structure called a hash table, widely used in computer software for rapid data lookup. Hash functions accelerate table or database lookup by detecting duplicated records in a large file. An example is finding similar stretches in DNA sequences. They are also useful in cryptography. A cryptographic hash function allows one to easily verify that some input data maps to a given hash value, but if the input data is unknown, it is deliberately difficult to reconstruct it (or equivalent alternatives) by knowing the stored hash value. This is used for assuring integrity of transmitted data, and is the building block for HMACs, which provide message authentication. Hash functions are related to (and often confused with) checksums, check digits, fingerprints, randomization functions, error-correcting codes, and ciphers. Although these concepts overlap to some extent, each has its own uses and requirements and is designed and optimized differently. The Hash Keeper database maintained by the American National Drug Intelligence Center, for instance, is more aptly described as a catalogue of file fingerprints than of hash values.

    ハッシュ関数 (ハッシュかんすう、hash function) あるいは要約関数とは、あるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作、または、その様な数値を得るための関数のこと。ハッシュ関数から得られた数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。 ハッシュ関数は主に検索の高速化やデータ比較処理の高速化、さらには改竄の検出に使われる。例えば、データベース内の項目を探したり、大きなファイル内で重複しているレコードや似ているレコードを検出したり、核酸の並びから類似する配列を探したりといった場合に利用できる。 ハッシュ関数の入力を「キー (key)」と呼ぶ。ハッシュ関数は2つ以上のキーに同じハッシュ値をマッピングすることがある。多くの場合、このような衝突の発生は最小限に抑えるのが望ましい。したがって、ハッシュ関数はキーとハッシュ値をマッピングする際に可能な限り一様になるようにしなければならない。用途によっては、他の特性も要求されることがある。ハッシュ関数の考え方は1950年代に遡るが、ハッシュ関数の設計の改善は今でも盛んに研究されている。 ハッシュ関数は、チェックサム、チェックディジット、フィンガープリント、誤り訂正符号、暗号学的ハッシュ関数などと関係がある。これらの概念は一部はオーバーラップしているが、それぞれ用途が異なり、異なった形で設計・最適化されている。 またプログラミング言語の一部(Perl、Ruby等、主に高等言語とされる一般的なプログラミング言語の多く)においては、連想配列のことを伝統的にハッシュと呼ぶが、これは連想配列そのもののプログラムの内部的実装に拠るものであり、ハッシュ関数そのものとは全く異なる。連想配列はハッシュ関数の応用例の一つのハッシュテーブルの実用例である。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Hash_function)