Evaluation

prefLabel
  • evaluation
topConceptOf
related
narrower
inScheme
Abstract from DBPedia
    Evaluation is asystematic determination of a subject's merit, worth and significance, using criteria governed by a set of standards. It can assist an organization, program, design, project or any other intervention or initiative to assess any aim, realisable concept/proposal, or any alternative, to help in decision-making; or to ascertain the degree of achievement or value in regard to the aim and objectives and results of any such action that has been completed. The primary purpose of evaluation, in addition to gaining insight into prior or existing initiatives, is to enable reflection and assist in the identification of future change. Evaluation is often used to characterize and appraise subjects of interest in a wide range of human enterprises, including the arts, criminal justice, foundations, non-profit organizations, government, health care, and other human services. It is long term and done at the end of a period of time.

    評価(ひょうか)(英: evaluation, assessment)は、 1. * 物事・性質・能力などの良し悪しや美醜などを調べて価値を定めること。 2. * 品物の値段を定めること、またはその値段。 3. * 1または2の意味で、高い価値や高い値段を付けること。 4. * 数学や計算機科学において、変数に関連づけられた値などをもとに関数(関数 (数学)、関数 (プログラミング))などの式・表現が表す値を計算すること。あるいは、不等式により値の範囲を絞り込むこと。表示的意味論が評価の操作における理論的な枠組をあたえる。評価戦略も参照。 のことである。なお1987年(昭和62年)10月発行の広辞苑第3版によれば1と2の「定める」行為とされ、その後「定めた結果が高い」ことの意味合いでも使われることとなり2008年(平成20年)1月発行第6版では3の意味合が付加されている。以下では主に1及び2について述べる。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Evaluation)