Geochemistry

prefLabel
  • Geochemistry
definition
  • Pertaining to the study of the chemical composition of the various phases of the earth, and the physical and chemical processes which have produced the observed distribution of the elements and the nuclides in these phases.
topConceptOf
narrower
inScheme
Abstract from DBPedia
    Geochemistry is the science that uses the tools and principles of chemistry to explain the mechanisms behind major geological systems such as the Earth's crust and its oceans. The realm of geochemistry extends beyond the Earth, encompassing the entire Solar System, and has made important contributions to the understanding of a number of processes including mantle convection, the formation of planets and the origins of granite and basalt. It is an integrated field of chemistry and geology/geography.

    地球化学(ちきゅうかがく、geochemistry)とは、地球や地球の構成物質について化学的な手段を用いて研究する分野のことであり、自然界における元素や同位体の分布や挙動を把握することを目的とする。 地球化学が発展したのは20世紀であり、ヴィクトール・モーリッツ・ゴルトシュミットは、地球での元素の分布や挙動のメカニズムを研究し、成果を『Geochemische Verteilungsgesetze der Elemente』にまとめている。ゴルトシュミットは地球化学の父と呼ばれている。 地球化学は当初はと化学の学際分野として発展し、、マグマ、岩石などを扱っていたが、21世紀では地球環境問題と関連し、水圏、大気圏、生物圏も研究対象となっている。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Geochemistry)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)