Chlorophyll

prefLabel
  • Chlorophyll
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Chlorophyll (also chlorophyl) is a term used for several closely related green pigments found in cyanobacteria and the chloroplasts of algae and plants. Its name is derived from the Greek words χλωρός, chloros ("green") and φύλλον, phyllon ("leaf"). Chlorophyll is an extremely important biomolecule, critical in photosynthesis, which allows plants to absorb energy from light. Chlorophyll absorbs light most strongly in the blue portion of the electromagnetic spectrum, followed by the red portion. Conversely, it is a poor absorber of green and near-green portions of the spectrum which it reflects, hence the green color of chlorophyll-containing tissues. Chlorophyll was first isolated and named by Joseph Bienaimé Caventou and Pierre Joseph Pelletier in 1817.

    クロロフィル (Chlorophyll) は、光合成の明反応で光エネルギーを吸収する役割をもつ化学物質。葉緑素(ようりょくそ)ともいう。 4つのピロールが環を巻いた構造であるテトラピロールに、フィトール (phytol) と呼ばれる長鎖アルコールがエステル結合した基本構造をもつ。環構造や置換基が異なる数種類が知られ、ひとつの生物が複数種類をもつことも珍しくない。植物では葉緑体のチラコイドに多く存在する。 天然に存在するものは一般にマグネシウムがテトラピロール環中心に配位した構造をもつ。マグネシウム以外では、亜鉛が配位した例が紅色光合成細菌 Acidiphilium rubrum において報告されている。金属がはずれ、2つの水素で置換された物質はフェオフィチンと呼ばれる。抽出されたクロロフィルでは、化学反応によって中心元素を人工的に置換することができる。特に銅が配位したものはマグネシウムのものよりも光や酸に対して安定であり、化粧品や食品への添加物として利用される。 2010年にクロロフィルfの発見が報告された。NMR、質量分析法等のデータから構造式はC55H70O6N4Mgだと考えられている。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Chlorophyll)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)