Heliosphere

prefLabel
  • Heliosphere
related
narrower
inScheme
closeMatch
broader
Abstract from DBPedia
    The heliosphere is the bubble-like region of space dominated by the Sun, which extends far beyond the orbit of Pluto. Plasma "blown" out from the Sun, known as the solar wind, creates and maintains this bubble against the outside pressure of the interstellar medium, the hydrogen and helium gas that permeates the Milky Way Galaxy. The solar wind flows outward from the Sun until encountering the termination shock, where motion slows abruptly. The Voyager spacecraft have actively explored the outer reaches of the heliosphere, passing through the shock and entering the heliosheath, a transitional region which is in turn bounded by the outermost edge of the heliosphere, called the heliopause. The overall shape of the heliosphere is controlled by the interstellar medium through which it is traveling, as well as the Sun, and is not perfectly spherical. The limited data available and unexplored nature of these structures have resulted in many theories. On September 12, 2013, NASA announced that Voyager 1 had exited the heliosphere on August 25, 2012, when it measured a sudden increase in plasma density of about forty times. Because the heliopause marks one boundary between the Sun's solar wind and the rest of the galaxy, a spacecraft such as Voyager 1 which has departed the heliosphere can be said to have reached interstellar space.

    太陽圏(たいようけん)、または太陽系圏(たいようけいけん)、ヘリオスフィア(Heliosphere)は、太陽系の周囲の荷電粒子の泡であり、太陽風の届く範囲の空間である。電気的に中性な原子は太陽圏を通り抜けることができるが、事実上、太陽圏の全ての物質は太陽自身から放出されている。 太陽から半径数百億㎞は、太陽風は100万km/h以上の速度で吹く。星間物質と相互作用をし始めると、太陽風の速度は低下し始め、最終的に止まる。太陽風が減速し始める地点は末端衝撃波面と呼ばれ、太陽風は減速しながらヘリオシースを進み、星間物質と太陽風の圧力が平衡になるヘリオポーズに達する。 ヘリオポーズを超えると、星間物質が太陽圏に衝突するようになり、かつてはバウショックと呼ばれる領域が存在すると考えられていたが、IBEXのデータによると、星間物質の中を進む太陽の速度は、バウショックを形成するには小さすぎることが示唆された。また、カッシーニとIBEXのデータから、2009年には挑戦的な「太陽尾」理論が提唱された。ボイジャーのデータからは、ヘリオシースは「磁気バブル」と「よどみ領域」を持つという新しい理論が提唱された。 ヘリオシースの中の「よどみ領域」は、113天文単位から始まることが、2010年のボイジャー1号の観測結果から発見された。ここでは、太陽風の速度は0になり、磁場の強さは2倍になり、銀河からの高エネルギー電子は100倍になる。120天文単位の位置にいたボイジャー1号は、2012年3月から宇宙線の急激な増加を検出し始め、ヘリオポーズに近づいている明らかなサインだと考えられた。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Heliosphere)