Galaxies

prefLabel
  • Galaxies
related
narrower
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    (This article is about the astronomical structure. For other uses, see Galaxy (disambiguation).) A galaxy is a gravitationally bound system of stars, stellar remnants, interstellar gas, dust, and dark matter. The word galaxy is derived from the Greek galaxias (γαλαξίας), literally "milky", a reference to the Milky Way. Galaxies range in size from dwarfs with just a few billion (109) stars to giants with one hundred trillion (1014) stars, each orbiting its galaxy's center of mass. Galaxies are categorized according to their visual morphology as elliptical, spiral and irregular. Many galaxies are thought to have black holes at their active centers. The Milky Way's central black hole, known as Sagittarius A*, has a mass four million times greater than the Sun. As of March 2016, GN-z11 is the oldest and most distant observed galaxy with a comoving distance of 32 billion light-years from Earth, and observed as it existed just 400 million years after the Big Bang. Previously, as of July 2015, EGSY8p7 was the most distant known galaxy, estimated to have a light travel distance of 13.2 billion light-years away. Approximately 170 billion (1.7 × 1011) to 200 billion (2.0 × 1011), or, more recently, at least 2 trillion galaxies exist in the observable universe. Most of the galaxies are 1,000 to 100,000 parsecs in diameter and usually separated by distances on the order of millions of parsecs (or megaparsecs). The space between galaxies is filled with a tenuous gas having an average density of less than one atom per cubic meter. The majority of galaxies are gravitationally organized into associations known as galaxy groups, clusters, and superclusters. At the largest scale, these associations are generally arranged into sheets and filaments surrounded by immense voids.

    銀河(ぎんが、英: galaxy)は、恒星やコンパクト星、ガス状の星間物質や宇宙塵、そして重要な働きをするが正体が詳しく分かっていない暗黒物質(ダークマター)などが重力によって拘束された巨大な天体である。英語「galaxy」はギリシア語の「galaxias、γαλαξίας」を語源とし、意味は英語で銀河系を指す「Milky Way」の語源でもあるミルクである。 銀河には、1000万 (107) 程度の星で成り立つ矮小銀河から、100兆 (1014) 個の星々を持つ巨大な銀河まである。これら星々は恒星系、星団などを作り、その間には星間物質や宇宙塵が集まる星間雲、宇宙線が満ちている。ほとんどの銀河では質量の約90%を暗黒物質が占める。観測結果によれば、すべてではなくともほとんどの銀河の中心には超大質量ブラックホールが存在すると示唆される。これは、いくつかの銀河で見つかる活動銀河の根源的な動力と考えられ、銀河系もこの一例に当たると思われる。 歴史上、銀河はその具体的な形状を元に分類された。それは視覚的な形態論を以って考察された。一般的な形態は、楕円形の光の輪郭を持つ楕円銀河である。渦巻銀河は細かな粒が集まった、曲がった腕を持つ形状である。不規則でまれな形状を持つ銀河は不規則銀河と呼ばれ、近くの銀河から引力の影響を受けて形を崩したものである。近接する銀河の間に働く相互作用は、時に星形成を盛んに誘発しながらスターバースト銀河へと発達し、最終的に合体する場合もある。特定の構造を持たない小規模な銀河は不規則銀河に分類される。 観測可能な宇宙の範囲だけでも、少なくとも1700億個の銀河が存在すると考えられている。大部分の直径は1,000から100,000パーセクであり、中には数百万パーセクにもなるような巨大なものもある。銀河系間空間は、1立方メートル当たり平均1個未満の原子が存在するに過ぎない非常に希薄なガス領域である。ほとんどの銀河は階層的な集団を形成し、これらは銀河団やさらに多くが集まった超銀河団として知られている。さらに大規模な構造では、銀河団は超空洞と呼ばれる銀河が存在しない領域を取り囲む銀河フィラメントを形成する。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Galaxy)