Stellar populations

prefLabel
  • Stellar populations
narrower
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    During 1944, Walter Baade categorized groups of stars within the Milky Way into stellar populations. In the abstract of the article by Baade, he recognizes that Jan Oort originally conceived this type of classification in 1926: [...] The two types of stellar populations had been recognized among the stars of our own galaxy by Oort as early as 1926. Baade noticed that bluer stars were strongly associated with the spiral arms and yellow stars dominated near the central galactic bulge and within globular star clusters. Two main divisions were defined as * Population I and * Population II, with another newer division called * Population III added in 1978; they are often simply abbreviated as Pop. I, Pop. II, and Pop. III. Between the population types, significant differences were found with their individual observed stellar spectra. These were later shown to be very important, and were possibly related to star formation, observed kinematics, stellar age, and even galaxy evolution in both spiral or elliptical galaxies. These three simple population classes usefully divided stars by their chemical composition or metallicity. By definition, each population group shows the trend where decreasing metal content indicates increasing age of stars. Hence, the first stars in the universe (very low metal content) were deemed Population III, old stars (low metallicity) as Population II, and recent stars (high metallicity) as Population I. The Sun is considered Population I, a recent star with a relatively high 1.4 percent metallicity. Note that astrophysics nomenclature considers any element heavier than helium to be a "metal", including chemical non-metals such as oxygen.

    星の種族(ほしのしゅぞく、英: stellar population)とは、星の分類の一種である。ドイツの天文学者ウォルター・バーデが1944年に提唱した。なおバーデによる論文の概要では、銀河系内の恒星に2つの種族が存在することは、早くとも1926年にはヤン・オールトが着想していたことが言及されている。バーデは、青っぽい恒星は銀河系の渦状腕に強く関連して存在しており、黄色い恒星は銀河系の中心部のバルジ付近と球状星団に主に存在していることに気が付いた。この2つの主要な分類は種族I (英: population I) と 種族II (英: population II) と定義され、また1978年には別の新たな分類として種族III (英: population III) が追加された。これらの分類はしばしば、Pop I、Pop II、Pop III と略記される。 種族の間には、個々の観測された恒星のスペクトルの間に大きな違いが発見されている。これらの違いは非常に重要であり、おそらくは星形成や観測された運動学、恒星の年齢、そして場合によっては渦巻銀河や楕円銀河双方の銀河の進化と関連している可能性があることが後に示された。これらのシンプルな3つの種族の分類は、恒星の化学組成や金属量によって行われる。 定義により、それぞれの種族は金属の含有量が減少するにつれて年齢が古くなる傾向を示す。したがって、金属量が非常に低い宇宙で最初の恒星は種族III、金属量が低い年老いた恒星は種族II、そして金属量が多い最近の恒星は種族Iとみなされる。太陽は 1.4% という比較的高い金属量を示す最近の恒星であり、種族Iとみなされる。なお天体物理学の文脈では、酸素などのような化学的には非金属である元素も含む、ヘリウムよりも重い元素を総称して「金属」と呼ぶ。 I, II という番号付けの順序とは裏腹に、星の年齢は種族IIの方が種族Iの星よりもずっと古い。これは天文学における歴史的事情による。星の種族構成が最初に調べられた頃には、ある種の星がなぜ他の星々に比べて金属量が少ないのか、その理由が分かっていなかったからである。この番号付けをさらに過去に延長し、種族IIよりも前の宇宙誕生後に初めて形成されたと考えられる初代星を種族IIIと呼ぶようになった。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Stellar_population)