Protoplanetary disks

prefLabel
  • Protoplanetary disks
altLabel
  • Proplyd
related
narrower
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    A protoplanetary disk is a rotating circumstellar disc of dense gas and dust surrounding a young newly formed star, a T Tauri star, or Herbig Ae/Be star. The protoplanetary disk may also be considered an accretion disk for the star itself, because gases or other material may be falling from the inner edge of the disk onto the surface of the star. This process should not be confused with the accretion process thought to build up the planets themselves. Externally illuminated photo-evaporating protoplanetary disks are called proplyds. In July 2018, the first confirmed image of such a disk, containing a nascent exoplanet, named PDS 70b, was reported.

    原始惑星系円盤 (げんしわくせいけいえんばん、英: protoplanetary disk) は、新しく形成された恒星、おうし座T型星やハービッグAe/Be型星を取り囲む濃いガスと塵からなる回転する星周円盤である。ガスやその他の物質は円盤の内縁から恒星の表面へ向かって落下しているため、原始惑星系円盤は恒星自身への降着円盤と捉えることもできる。この過程は、惑星が形成される際に起きていると考えられる降着過程とは異なるものである。外部から照らされて光蒸発を起こしている原始惑星系円盤は proplyd と呼ばれる。 2018年7月には、 と名付けられた誕生したばかりの太陽系外惑星を含む原始惑星系円盤の画像が初めて撮影されたことが報告された。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Protoplanetary_disk)