Solar flare

prefLabel
  • Solar Flare
definition
  • An explosive event in the Sun's atmosphere which produces electromagnetic radiation across the electromagnetic spectrum at multiple wavelengths from long-wave radio to the shortest wavelength gamma rays.
topConceptOf
inScheme
Abstract from DBPedia
    A solar flare is an intense eruption of electromagnetic radiation in the Sun's atmosphere. Flares occur in active regions and are often, but not always, accompanied by coronal mass ejections and solar particle events. Solar flares occur in a power-law spectrum of magnitudes; an energy release of typically 1020 joules of energy suffices to produce a clearly observable event, while a major event can emit up to 1025 joules.Although originally observed in the visible electromagnetic spectrum, especially in the Hα emission line of hydrogen, they can now be detected from radio wave to gamma-ray radiation. Flares also occur on other stars, where the term stellar flare applies.

    太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)とは、太陽における爆発現象。別名・太陽面爆発。 太陽系で最大の爆発現象で、小規模なものは1日3回ほど起きている。多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域と呼ぶ。太陽フレアの初めての観測は、1859年にイギリスの天文学者リチャード・キャリントンによって行われた(1859年の太陽嵐)。 「フレア」とは火炎(燃え上がり)のことであるが、天文学領域では恒星に発生する巨大な爆発現象を指している。現在では太陽以外の様々な天体でも確認されている。一例として、日本の国立天文台が運用するアルマ望遠鏡がプロキシマ・ケンタウリで観測した。 アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2012年7月には巨大な太陽フレアが地球をかすめた 。次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定される。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Solar_flare)