Ink

prefLabel
  • ink
definition
  • A dispersion of a pigment or a solution of a dye in a carrier vehicle, yielding a fluid, paste, or powder to be applied to and dried on a substrate; writing, marking, drawing, and printing inks are applied by several methods to paper, metal, plastic, wood, glass, fabric, or other substrate.
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Ink is a gel, sol, or solution that contains at least one colourant, such as a dye or pigment, and is used to color a surface to produce an image, text, or design. Ink is used for drawing or writing with a pen, brush, reed pen, or quill. Thicker inks, in paste form, are used extensively in letterpress and lithographic printing. Ink can be a complex medium, composed of solvents, pigments, dyes, resins, lubricants, solubilizers, surfactants, particulate matter, fluorescents, and other materials. The components of inks serve many purposes; the ink's carrier, colorants, and other additives affect the flow and thickness of the ink and its dry appearance. In 2011, worldwide consumption of printing inks generated revenues of more than 20 billion US dollars. Demand by traditional print media (including newspapers) is shrinking; on the other hand, more and more printing inks are consumed for packaging.

    インク(英語: ink)または洋墨(ようぼく)とは顔料・染料を含んだ液体、ジェル、固体で、文字を書いたり表面に色付けするために用いられるものである。油性、水性などの種類がある。 「インキ」という表記もあり、これは明治期によく使われたが、やがて「インク」が一般化した。技術用語としては現代でも「インキ」は正式に使われるが、用語によっては「インクジェット」など、定着している表記に揺れがある。 日本や中国で古くから使われている墨もインクの一種である。 油性インクは長時間未使用のまま保存するとインクが固まってしまう、水性インクは保存には優れているが水に濡れると滲んでしまう弱点がある。近年はボールペンやプリンターなどで「水性顔料インク」が多用されている。長期の保存に耐え、水に濡れても滲みにくく手についても水洗いで落とせるなどといった利点を持っている。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Ink)