Primary energy

prefLabel
  • primary energy
definition
  • energy contained in fossil fuels and renewable energy sources that has not been subject to any conversion or transformation process
relatedMatch
related
narrower
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Primary energy (PE) is an energy form found in nature that has not been subjected to any human engineered conversion process. It is energy contained in raw fuels, and other forms of energy, including waste, received as input to a system. Primary energy can be non-renewable or renewable. Where primary energy is used to describe fossil fuels, the embodied energy of the fuel is available as thermal energy and around 70% is typically lost in conversion to electrical or mechanical energy. There is a similar 60-80% conversion loss when solar and wind energy is converted to electricity, but today's UN conventions on energy statistics counts the electricity made from wind and solar as the primary energy itself for these sources. One consequence of this counting method is that the contribution of wind and solar energy is under reported compared to fossil energy sources, and there is hence an international debate on how to count primary energy from wind and solar. Primary energy is used in energy statistics in the compilation of energy balances, as well as in the field of energetics. In energetics, a primary energy source (PES) refers to the energy forms required by the energy sector to generate the supply of energy carriers used by human society. Secondary energy is a carrier of energy, such as electricity. These are produced by conversion from a primary energy source. Total primary energy supply (TPES) is the sum of production and imports, plus or minus stock changes, minus exports and international bunker storage.The International Recommendations for Energy Statistics (IRES) prefers total energy supply (TES) to refer to this indicator. These expressions are often used to describe the total energy supply of a national territory.

    一次エネルギー(いちじエネルギー、PE)とは、自然界に存在するエネルギーで、人為的な変換プロセスを経ていないものである。これは、原燃料に含まれるエネルギーであり、システムへの入力として受け取った他の形態のエネルギーも含まれる。一次エネルギーには、枯渇性と再生可能なものがある。 化石燃料を表すために一次エネルギーが使われる場合、燃料のは熱エネルギーとして利用可能であり、一般的には約70%が電気エネルギーや機械エネルギーへの変換で失われる。太陽エネルギーや風力エネルギーを電気に変換する場合も同様に60-80%の変換ロスがあるが、今日の国連のエネルギー統計条約では、風力や太陽から作られた電気をこれらのエネルギー源の一次エネルギーとして計上する。この計上方法の結果、風力や太陽エネルギーの寄与は化石エネルギー源に比べて低く報告され、風力や太陽の一次エネルギーの計上方法について国際的な議論が行われている。 一次エネルギー供給量(TPES)は、生産・輸入の合計から輸出・貯蔵量の変化を差し引いたものである。 一次エネルギーの概念は、エネルギー学と同様、エネルギー統計学の分野では、エネルギー収支の編集で使用されている。エネルギー学では、一次エネルギー源(PES)とは、人間社会で使用されるを供給するためにエネルギー部門が必要とするエネルギー形態を指す。 二次エネルギーとは、電気などのエネルギーキャリアのことである。これらは一次エネルギー源から変換されて生成される。 PEとTPESは、の文脈でより明確に定義されている。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Primary_energy)