Precision engineering

prefLabel
  • precision engineering
definition
  • Research and development, design, manufacture and measurement of high accuracy components and systems. It is related to mechanical, electronic, optical and production engineering, physics, chemistry, and computer and materials science.
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Precision engineering is a subdiscipline of electrical engineering, software engineering, electronics engineering, mechanical engineering, and optical engineering concerned with designing machines, fixtures, and other structures that have exceptionally low tolerances, are repeatable, and are stable over time. These approaches have applications in machine tools, MEMS, NEMS, optoelectronics design, and many other fields.

    精密工学(せいみつこうがく、英語:precision engineering)とは、高精度な機械を実現するための知識や諸原則についての研究を行う工学の一分野である。 ものづくりを研究する学問であり、設計、生産、加工、計測、兵器、メカトロニクス、人、環境を主な対象領域としている。近年では、医用工学にも力を入れている。 精密工学会の学会紹介によれば、設計・生産システムでは,製品・製造・,設計論・設計支援,CAD/CAM/CAE,ラピッドプロトタイピング・,,生産計画・管理,がある。 分野においては、切削加工・,・CMP,放電・エネルギービーム加工,射出成形加工,表面処理・機能薄膜創製,マイクロ・ナノ加工の領域を扱う。メカトロニクス分野においては、マイクロ/ナノシステム,ロボティクス,精密・超精密,工作機械の高速・高精度化,アクチュエータ,機構・要素・のカテゴリーを対象としている。 においては、画像応用計測,光応用計測,,・表面形状計測,知的精密計測,走査型/プローブ顕微鏡,,マイクロ・ナノ計測を扱う。人・環境分野においては、人間工学,,医用工学,,,,技術・技能を研究対象としている。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Precision_engineering)