Silicate

prefLabel
  • Silicate
definition
  • A charged molecule composed of atoms of silicon and oxygen, available to plants and phytoplankton as a nutrient.  
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    A silicate is a compound containing an anionic silicon compound. The great majority of the silicates are oxides, but hexafluorosilicate ([SiF6]2−) and other anions are also included. "Orthosilicate" is the anion SiO4−4 or its compounds. Related to orthosilicate are families of anions (and their compounds) with the formula [SiO2+n]2n−. Important members are the cyclic and single chain silicates {[SiO3]2−}n and the sheet-forming silicates {[SiO2.5]−}n. Silicates constitute the majority of Earth's crust, as well as the other terrestrial planets, rocky moons, and asteroids. Sand, Portland cement, and thousands of minerals are examples of silicates. Silicate compounds, including the minerals, consist of silicate anions whose charge is balanced by various cations. Myriad silicate anions can exist, and each can form compounds with many different cations. Hence this class of compounds is very large. Both minerals and synthetic materials fit in this class.

    ケイ酸塩(ケイさんえん、珪酸塩、英: silicate)は、1個または数個のケイ素原子を中心とし、電気陰性な配位子がこれを取り囲んだ構造を持つアニオンを含む化合物を指す。シリケートとも呼ばれる。この定義ではヘキサフルオロシリケート [SiF6]2− などの化学種も含まれるが、一般的によく見られるケイ酸塩は酸素を配位子とするものである。ケイ酸塩アニオンは他のカチオンと結合し、電気的に中性な化合物を形成する。 シリカ(二酸化ケイ素) SiO2 はケイ酸塩の一種と考えられることもある。これはケイ素周りが負電荷を帯びないため、追加のカチオンを含まない特別な例である。シリカは石英やその多形などの鉱物として自然界に見られる。 ケイ酸塩鉱物に代表される大多数のケイ酸塩では、ケイ素原子は4個の酸素原子によって囲まれた四面体構造をとる。鉱物の種類によってこの四面体が連なる度合いは異なり、単独、対、クラスター、環状、鎖状、二本鎖状、層状、3次元網目状など多岐にわたる。ケイ酸塩鉱物はこのアニオン構造の違いによって分類される。 酸素原子周りの空間が少ないため、通常の圧力条件では6配位のケイ酸塩はまれにしか見られないが、ソーマス石 などにヘキサヒドロキシシリケートイオン [Si(OH)6]2− として含まれる。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Silicate)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)