Precipitable water

prefLabel
  • Precipitable Water
definition
  • The total atmospheric water vapor contained in a vertical column of unit cross-sectional area extending between any two specified levels, commonly expressed in terms of the height to which that water substance would stand if completely condensed and collected in a vessel of the same unit cross section.  
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Precipitable water is the depth of water in a column of the atmosphere, if all the water in that column were precipitated as rain. As a depth, the precipitable water is measured in millimeters or inches. Often abbreviated as "TPW" = total precipitable water.

    可降水量(かこうすいりょう)とは、地表のある面を基点としてその上空の大気を大きな鉛直の柱(大気柱)と考え、そこに含まれる水蒸気や雲がすべて凝結して地上に落下(降水)した時の降水量のこと。 大気の移動が全く無いと仮定すれば、これ以上の降水量は無いと考えられる値である。現実的にはこのようなことはない。実用的には、大気中の水の総量を表す数値の1つとして用いられる。単位は降水量と同じmm。 ラジオゾンデによって得られる気温や湿度などのデータを公式に当てはめ、テヒグラムやSkew-T log-P図あるいはコンピュータを用いて算出する。また、気象衛星や地球観測衛星の赤外線センサーによる観測からも、可降水量が推定できる。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Precipitable_water)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)