Anisotropy

prefLabel
  • Anisotropy
definition
  • Anisotropy is the characteristic of a surface for which a physical property, such as reflectivity, varies in value with the direction in or along which the measurement is made.
relatedMatch
inScheme
broader
Abstract from DBPedia
    Anisotropy /ˌænaɪˈsɒtrəpi/ is the property of being directionally dependent, which implies different properties in different directions, as opposed to isotropy. It can be defined as a difference, when measured along different axes, in a material's physical or mechanical properties (absorbance, refractive index, conductivity, tensile strength, etc.) An example of anisotropy is the light coming through a polarizer. Another is wood, which is easier to split along its grain than against it.

    ある対象の性質や分布が方向に依存しないときそれは等方的(英語:isotropic)であるという。また、方向に依存するとき異方的(anisotropic)であるという。別な表現では、ある対象の性質や分布が回転により変化しないとき等方的であり、回転により変化するとき異方的である。対象が等方的か異方的かは、対象の等方性(isotropy)もしくは異方性(anisotropy)の有無として表現する場合もある。 空間(真空)は、本質的には、回転に関して物理法則が不変であるので等方的である。また、そこに何らかの物体があるとその場は異方的になる場合がある。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Anisotropy)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)