Tectonics

prefLabel
  • Tectonics
definition
  • Branch of geology that deals with regional structure and deformational features of the Earth's crust.
topConceptOf
narrower
inScheme
Abstract from DBPedia
    Tectonics (from Latin tectonicus; from Ancient Greek τεκτονικός (tektonikos) 'pertaining to building') are the processes that control the structure and properties of the Earth's crust and its evolution through time. These include the processes of mountain building, the growth and behavior of the strong, old cores of continents known as cratons, and the ways in which the relatively rigid plates that constitute the Earth's outer shell interact with each other. Tectonics also provide a framework for understanding the earthquake and volcanic belts that directly affect much of the global population. Tectonic studies are important as guides for economic geologists searching for fossil fuels and ore deposits of metallic and nonmetallic resources. An understanding of tectonic principles is essential to geomorphologists to explain erosion patterns and other Earth surface features.

    テクトニクス(英語: tectonics)とは、地質学において、地球や地球以外の惑星の主に岩石圏の動きのことである。元々は俗ラテン語の tectonics(建築物の意)に由来する。 テクトニクスは造山運動や安定陸塊等の地形の形成、火山帯における地震等に関連している。また、テクトニクスを理解する上では地形学の侵食を理解しておくことも重要であり、これは鉱床学での石油や金属の鉱石の位置を特定するのに用いられる。その他にも、月に関する天文学的な知識が要される。 昨今のテクトニクスにおける現象をとして区別する考え方もある。これは構造地質学と領域が重なる部分もあるが、主に扱う現象の大きさによって区別されるものである。また、テクトニクスから生まれた理論としてプレートテクトニクス(プレート理論)が有名である。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Tectonics)

data publication(s) found by GCMD Science Keywords)