Interaction

prefLabel
  • ESPAS Interaction
definition
  • The ESPAS Interaction vocabulary is used to describe the interaction between the wave and propagation medium that defines the observed property
hasTopConcept
Abstract from DBPedia
    Interaction is a kind of action that occurs as two or more objects have an effect upon one another. The idea of a two-way effect is essential in the concept of interaction, as opposed to a one-way causal effect. A closely related term is interconnectivity, which deals with the interactions of interactions within systems: combinations of many simple interactions can lead to surprising emergent phenomena. Interaction has different tailored meanings in various sciences. Changes can also involve interaction. Casual examples of interaction outside science include: * Communication of any sort, for example two or more people talking to each other, or communication among groups, organizations, nations or states: trade, migration, foreign relations, transportation, * The feedback during the operation of machines such as a computer or tool, for example the interaction between a driver and the position of his or her car on the road: by steering the driver influences this position, by observation this information returns to the driver.

    相互作用(そうごさよう)、交互作用(こうごさよう)、相互交流(そうごこうりゅう)、インタラクションとは、 英: 'interaction'、 独: 'Interaktion' 等にあてられた訳語・音写語であり、原語では広義には二つ以上の存在が互いに影響を及ぼしあうことを指している。 ヨーロッパ系の言語では、interaction(英語)、Interaktion(ドイツ語)、Interaction(フランス語) などと表記され、同系統の言葉である。根本にある発想が同一であり、国境や分野を超えてその根本概念は共有されている。一方、日本語には、あくまで前述の語の訳語として登場し、「交互作用」「相互作用」「相互交流」などの様々な訳語、あるいは「インタラクション」などの音写語などもあり、用いられる分野ごとに様々な表記で用いられている。ただし、これらのいかなるの訳語・音写語があてられていようが、等しく重要な概念である。 ヨーロッパ圏の人がinteraction という語を使う時、その語の他分野での用法なども多かれ少なかれ意識しながら使っていることは多い。一方、訳語というものは絶対的なものではなく、同一分野ですら時代とともに変化することがある。原著で同一の語で表記されているものが、訳語の選択によって概念の連続性が分断されてしまい歴史が読み取れなくなることは非常に不便であるし、訳語の異同によって分野ごとに細分化されては原著者の深い意図が汲み取れなくなる恐れもある。よって、これらを踏まえて本項ではヨーロッパ諸言語で interaction 系の語(派生語の interactive なども含む)で表記される概念についてまとめて扱うこととし、各分野における標準的な和訳と、その分野での具体的な用法や概念の展開について、広く解説することにする。

    (Source: http://dbpedia.org/resource/Interaction)